赤ら顔の基礎化粧品の選び方について

シェアする

赤ら顔の化粧品の選び方

赤ら顔の基礎化粧品の選び方について

赤ら顔や顔の赤みに悩む多くの人は、少しでもその症状を「目立たなく!改善したい!治したい!」という思いの元、化粧品選びでも苦労することが多いと思います。

特に、洗顔料や化粧水、そして乳液に美容液といったようなスキンケア基礎化粧品ともなると毎日の事なので、肌や体質に合う合わないは深刻な問題です。

では、赤ら顔を改善したり、治したいという場合にはどのような基礎化粧品の選び方が正しいのでしょうか。

「赤ら顔を治したい!」スキンケア基礎化粧品選びのポイント

セラミド配合の化粧品

“赤ら顔の症状”とは切っても切れない関係ともいえる「敏感肌」も、肌が乾燥気味では症状の悪化を招くばかり。健やかな肌の維持とは程遠いものになります。

ビタミンCやビタミンKなどの美容成分も赤ら顔ケアに有効とされますが、それらの効果を発揮させるためには肌が健康な状態であることが大前提です。

全ての赤ら顔ケアの効果を最大限に発揮するためにも、セラミドが配合されている基礎化粧品の使用をおすすめします。

セラミドとは?補給方法は?

コラーゲンやプラセンタに代わり美容に欠かせない成分としての不動の座を獲得した「セラミド」。角層の水分のうち、80%以上はセラミドなどの角質細胞間脂質が占めていますが、このセラミドがしっかりと水分を挟み込むことで肌の潤いが保たれているのです。

セラミドは、水分をサンドイッチ状に挟み込む性質を持ち、一度キャッチした水分は湿度が0%になっても蒸発させません。保湿力ナンバーワンといわれるこのセラミドは、まさに数ある肌トラブルの救世主ともいえるほどの保湿のスペシャリストです。

そんな心強い美容成分「セラミド」ですが、セラミドやそれを含む食品をいくら食べても体の中から作り出すことはできないため、セラミドを補うためには“セラミド配合の化粧品”の使用が必須となります。

ビタミンK配合の化粧品

ビタミンKには、血管に詰まった“栓”を取り除き、血液の流れをスムーズにさせる役割があるといわれています。

血液がスムーズに流れれば、血管が広がりにくくなるため、血管の拡張が原因で赤ら顔が起こっている場合には、ビタミンK配合の化粧品による顔の赤みの改善や効果が期待できます。

ビタミンKは、化粧水やクリーム、美容液などさまざまな種類の化粧品が数多くのメーカーで商品展開されているので、使用感の良さや刺激の強さなどを考慮し、自分の肌によく合ったものを見つけましょう。

ビタミンC誘導体配合の化粧品

皮膚の炎症による赤ら顔や顔の赤みをおさえる野に効果が期待できるのがビタミンC誘導体配合の化粧品です。

特に、肌あれ、ニキビ、脂などが原因となった、赤みとともに肌が熱をもっているような炎症を起こしている場合は、このビタミンC誘導体配合の化粧水がおすすめです。

炎症を抑える働き以外にも、皮脂を抑制したり毛穴を引き締めるなどの効果も期待できます。

このビタミンC誘導体は、乳液や美容液などのクリーム状基礎化粧品などにも配合されていますが、化粧水に配合されているもののほうが肌への吸収はよいとされているようです。

ビタミンC誘導体を配合した化粧品も、ビタミンK入り化粧品と同様にさまざまな商品展開がされているため、自分の肌質にあったものを探して続けてみましょう。

「配合成分」に過剰な期待をしないように

『肌の悩みに効く成分配合!』とうたわれた商品は、その効果を期待するあまり、化粧品をつけすぎたり、肌にこすり付けたりといった強引な使い方をしてしまうことも・・・。

しかし、その行動が肌が炎症を起こす原因となり、赤みがますます強くなってしまう場合もあるので、肌にストレスを与えていないか気を配りながらスキンケアを行うことが肝心です。

また、「配合成分」の効果を発揮するためには“健やかな状態の肌”があってこそなので、炎症や肌荒れを起こしている箇所がある場合は、早めにケアをして悪化させないよう心がけましょう。

シェアする

フォローする